スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

赤ちゃんが大きなお口でおっぱいを飲む動画

赤ちゃんが母乳を飲んでいる動画を見ると、とても幸せな気持ちになります。
おっきなお口でゴクゴク。ゴクゴク。
本能のままにおっぱいを飲んでいるんだな~と。
真剣に飲む時と、遊び飲みの時、甘えているだけの時。
色んなおっぱいの飲み方がありますがどのシーンも可愛らしいです。

スポンサーサイト

出産の方法

母親(母体)の膣を通って生まれる場合を経膣分娩と言います。
近代以前のお産は全て経膣分娩(経膣自然分娩)だったそうです。

計画分娩
母子の状態、あるいは出産する病院の都合などから、自然に陣痛が来るのを待たず、陣痛促進剤を用いて計画的に経膣分娩を行う場合がある。促進剤が効きすぎて母子に害が及ばぬよう、分娩監視装置をつけて十分注意を払う必要がある。

帝王切開
産科学が発達すると帝王切開による分娩も可能となった。自然分娩ではリスクの高くなる分娩、たとえば骨盤位、児頭骨盤不均衡、常位胎盤早期剥離や前置胎盤の場合などに、帝王切開が適用される。一度帝王切開で分娩した場合、陣痛(子宮収縮)による子宮破裂のリスクを回避するため、次回も帝王切開を勧められる。ただし母児の状況によっては、「帝王切開後の経膣分娩」(VBAC: Vaginal Birth After Cesarean) が可能となる場合もある。 (wikipediaより)

自然分娩
 特別な医療行為を行わず、自然に陣痛が来るのを待ち、陣痛が来てからお産に入る。
分娩中も赤ちゃんとお母さんの営みに任せ、陣痛を経て出産する。
本来あるべきお産は自然分娩だといえます。赤ちゃんにもお母さんにも負担が少なく、
多くの妊婦さんは自然分娩を選択し、この方法で出産されています。
自然分娩の場合でも会陰切開は行うケースが多いです。(特に初産の場合)
更に導尿、剃毛、血管確保の為の点滴も行う事が多いでしょう。
2012/10/09(火)
出産(分娩)情報

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。