スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

妊娠から出産までにかかる費用について

妊娠から出産までにかかる費用について

妊娠してから出産するまでにかかる費用すべてのことを一般的に出産費用と呼び、
検診通院時の検査料や異常があった際の入院も含まれます。
さらに出産そのものの費用だけではなく、生まれてくる赤ちゃんのための出産準備品、
ベビー用品やマタニティグッズ、お祝い返し(内祝い)等も含まれています。
検査も高額のものもいくつかありますし、ざっと100万は必要だと思って間違いないと思います。


■妊娠検査・定期健診代

妊娠は病気や疾患ではないので健康保険の適用外ですので、すべての検査や
定期健診代は自己負担です。出産費用で一番最初にかかるのは妊娠検査です。
「妊娠したかな?」と思ったら産婦人科で超音波検査や尿検査を行ないます。
金額は産婦人科によって異なりますが、5,000~10,000円前後のところが多いでしょう。

その後、23週までは4週間に1度、24週~35週までは2週間に1度、36週~出産までは
1週間に1度で、個人差もありますが妊娠中に10回以上定期健診に行くのが通常です。
定期健診や検査では、妊娠初期から出産まで妊婦さんの健康状態や子宮の状態、
胎児の成長などを確認し記録していきます。調子が悪くないからといって健診を受けなかったり、
減らしたりせず必ず医師の指示に従って健診を受けましょう。
1度の定期健診にかかる費用は5,000~10,000円です。
トータルすると10万円以上の費用がかかります。


■各種検査代

定期健診以外に、必要に応じて行われる任意の検査にも別途費用がかかります。
母子手帳には2回分の補助券がついているので、2回分の検査は無料となります。
検査内容によって費用は異なりますが、1つの検査につき1,000~10,000円前後かかります。
血液検査があると補助券を利用しても1万円近くなる事が多いでしょう。
金額的には安いものではないので、躊躇してしまいがちですが、元気な赤ちゃんを産む為と
割り切って受けられる検査は受けるようにしましょう。

■出産(分娩)・入院費用については別記⇒入院・出産(分娩)費用について
スポンサーサイト
2012/08/31(金)
出産(分娩)情報

母乳を飲む赤ちゃん

美味しそうに母乳を飲む赤ちゃんの動画。
元気に大きくなってほしいですね。
ゴクゴクとおいしそうにおっぱいを飲む姿は無邪気で、
しかも生きる!という力を感じます。
赤ちゃんに母乳を与えているお母さんは、幸せな気持ちでいっぱいになります。
母親とは、とてもやりがいのある仕事ですよね。

出産(分娩)の流れについて

出産の流れについて

妊娠36週くらいから、胃や腸への圧迫感がなくなる代わりに膀胱や恥骨への
圧迫感が出始めます。これが一般的にいう「子宮が下がった」状態です。
膀胱が圧迫されるのでおしっこが近くなる妊婦さんもいます。これらは、
いよいよお産が近づいているという兆候です。

妊娠37週を過ぎて出産のときが近づくと「おしるし(血の混じったおりもの)」が増えてきます。
これは、赤ちゃんを包んでる卵膜が子宮内壁からはがれることが原因のひとつです。
おしるしから陣痛が始まるまでの時間は妊婦さんによってまちまちですが、これにより出産の
準備が進んでいることがわかります。

やがて、それまで不規則だった子宮の収縮が規則正しくなってきます。
10分間隔で規則正しく子宮収縮が発生すると陣痛がきたと判断されます。
子宮収縮は10分間間隔から8分、5分、3分などと頻回に収縮が発生するようになります。
このとき、子宮の収縮により、子宮口が徐々に開いていきます。
子宮口は最終的には10センチくらいまで開きます。その後、数時間から数日かけて
赤ちゃんが子宮から膣を経由して誕生となります。

これが大まかな出産の流れです。出産は大きく3つの段階に分けることができます。
これより、分娩第一期、分娩第二期、分娩第三期と説明します。
2012/08/03(金)
出産(分娩)情報

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。