スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

出産場所について

出産場所について

古くは「自宅」あるいは「産屋」という出産のための小屋にて出産することが一般的でした。
出産の手伝いを取り仕切る女性は「産婆」(さんば)と呼ばれていました。
産婆はのちに「助産婦」(現在は助産師)と呼ばれるようになり現在に至ります。
現在は下記のような場所で出産する事が主です。

・自宅出産
・助産院での出産
・産科(産婦人科)など病院(個人病院・総合病院)での出産
・里帰り出産(実家近くの産院や自宅での出産)

現在、助産院どころか産婦人科医が激減していて出産できる場所がドンドン減ってきてしまっている。
少子化を問題視する前に、受け入れする側やその人たちを守る制度をしっかりとしていただきたいものです。
スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。